エレベーターの…

「あるはずがない。仮にこの女が過去の住人だとしても、退去する際、忘れ物があれば一目瞭然である。たかがワンルームだ。私も入居時には徹底して確認している。忘れ物などがあって堪るものか。部屋に押し入って被害者ぶって私をしゃぶり尽くす気か?」

短編小説「エレベーターのないマンションに住む女」(竹村広巴著)を電子書籍で発売しています。 さらっと読める文量です。 ざらっとする後味の悪さから様々に考察していただければ幸いです。 ぜひ、ご一読くださいませ。

~あらすじ~

狂った前住人には注意が必要だ。勘弁してもらいたいものだが、そういった前住人の狂言に付き合うのも人情とするのも世情なのか。願わくば嘘だと信じたいフィクションである。

上にスクロール