【無料】個人で電子書籍は出版できる!基本方法!

本を出版したいけど多くの費用が必要で高いと思われていませんか?

このコンテンツが「チャレンジしたい!」という方々の助けになればと思います。

電子書籍ならば初めての方でも、原稿さえ用意できれば出版はできます。

原稿さえ用意できれば電子書籍は出版できる

小説や評論、自叙伝、旅行記、料理本、漫画、絵本などなど、ジャンルは問わず、自由に出版可能です。

発売元もAmazon Kindleや楽天koboといった大手を始め、BOOK☆WALKER、iBooks Store、GooglePlay ブックスなどなど、自由に選べます。

電子書籍として出版したあとでも、紙としても出版することも可能です。

「出したいけど、難しそう……」と迷っていても、先ずは無料で電子書籍を発売してみて自分の本への反応を見るのがよいかと思います。

売上の大部分は自分の収入になる

加えて、電子書籍は自身の筆跡を多くで発信して、その分に収入も得られるのが魅力のひとつです。

「電子書籍出版の過度期だからこそ惑わされずに迷わずやってみる!」という気持ちで挑戦してみましょう。

いざ個人で電子書籍を出版するとしても、「自分でできるかな?」「どこで発売しようかな?」「売れるのかな?」など迷われると思います。

電子書籍の出版方法や市場は過度期

なぜなら多すぎる情報が錯綜しているからでしょう。各々の用語の定義すら曖昧です。

再度、強調しますが電子書籍の出版の方法や市場を含め、業界そのものが過度期です。

過度期だからいい機会と捉えましょう。初心者も歓迎されています。しかも無料ででもす。

つい数年前まで世間は「電子書籍ってなに?」と、そのぐらいの認識だったと思います。

現在は紙媒体を凌ぐ勢いで急成長していて、書籍の在り方すら「紙の書籍から電子書籍」という移り変わりの途中の時期です。

そのため情報も安定していません。アップロードの手順やロイヤリティもどんどんと変っているのが現状だと言えます。

電子出版の基本的な方法を知る

電子書籍出版の過度期であるからこそ、電子書籍の出版方法も多くあり、多くある情報に惑わされずに自分でやってみて開拓していくのがいいでしょう。

そのためには基本的な電子書籍の方法は知らなければなりません。

基本は変わりません。このコンテンツで学んでいただければ幸いです。

初心者でも無料で自分でやりたい

もちろん原稿を用意して代行や取次に委託すればより簡単にできますが、その料金は必要になってしまうことがあります。場合によっては売上からも手数料を取られてしまいます。

初心者でも自分でやれば無料です。ロイヤリティ(印税)も全部自分の収入のなります。

このコンテンツでは、個人で電子書籍の出版を「無料で!」「自分でやってみたい!」「多くで発売したい!」と思い立った方々に向けての手順を紹介します。

初心者でもできる!個人で無料で電子書籍を出版できるステップ!

以下が電子書籍を出版までの流れです。Amazonが提示している図を引用します。

以下は、Amazonの電子書籍の発売元である、Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングが示している「原稿の書式設定に関するリソース」です。

引用: 「KDPツールとリソース」https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/help/topic/G200735480

「むむ~」、それでも難しいですよね。難しく考える必要はありません。やってみましょう!

以下に、よりわかりやすくした個人で初めてでも無料で電子書籍の出版までの流れを示します。

  • 原稿データを用意する
  • 表紙の画像データも用意する
  • 入稿用の電子書籍用データ形式(Epub形式)にする
  • 入稿用のデータをチェックする
  • 発売元を決める
  • 出版申請を出す

以上のステップをこなせば、あなたの本が電子書籍として発売されます。

臆せずに試してみましょう。

自分の原稿データを用意する

そのためには第一として電子書籍の原稿を用意しなければなりません。

前述した通り、自由度は高いです。

発売元によっては最低限必要なページ数などもありますが、著作権を侵害しなく、公序良俗に反しない、オリジナルの原稿であれば問題ないでしょう。

文章、写真、絵、漫画でも原稿があり、それをなにかしろの電子データ(TXT、WORD、JPEG、PNGなど)として用意しましょう。

PDFは残念ながら、電子書籍での出版ではなかなか扱いづらいです。もうPDFの時代ではないのかもしれません。PDFを電子書籍として出版する方法もありますが、かなりの手間です。

タイトルや表紙、目次、装飾文字、ルビ(ふりがな)、挿絵の位置なども含めてです。もう仮完成として仕上げます。

入稿用の電子書籍用データ形式(Epub形式)にする

そうして原稿をEpub形式にまとめます。

電子書籍の発売元は、入稿するデータ形式を細かく指定していますが、大体はEpub形式で大丈夫です。

Epubとは、電子出版(Electronic Publication)という意味を持つ、電子出版のために文字や図、数式、レイアウトなどに柔軟に対応可能な電子データの形式です。

簡単に言えば、電子出版したい用意した原稿データを電子書籍として扱えるように整えてくれるデータ形式です。

発売元を決めて出版申請に出す

そのEpub形式の原稿と表紙の画像データをAmazon Kindleや楽天koboといった発売元に入稿し、出版申請すれば完了です。

各発売元によって出版申請方法は多少異なりますが、どこも説明が丁寧なので簡単にできます。

以上であなたの電子書籍が発売されます。ぜひ、挑戦してみてください。

出版方法の詳細まとめ

電子書籍の出版方法の詳細は以下のコンテンツでまとめています。

こちらも合わせてご参照いただければと思います。

 

電子書籍の業界はこれからどんどんと発展していくと感じます。楽しみですね。

よい電子書籍ライフを! なによりも本とともに楽しく過ごしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上にスクロール