本の自炊(電子書籍化)は色々な意味で大変で、よく考えてから

本の自炊とは、所有している紙の本を自分で電子書籍にすることです。

電子書籍が当たり前のように普及して、私も自炊を試みたことがあります……。

本の自炊の方法

作業は単純です。紙の本をスキャナーで全ページ取り込んでデータにしてまとめるだけです。

結論から申し上げますと、作業は単純ですが、作業量が大変です。ページ数に比例した時間を要します。

自炊専用機器を使う

先ず、紙の本を一枚一枚に分ける裁断機が必要です。

以下の製品のような、よく学校や職場にある裁断機です。

それから専用のスキャナーです。

本の自炊のスキャナーには色々とタイプがあります。

こうしたスキャナーのタイプや……、

以下のような裁断を必要としないスキャナーのタイプもあります。一度は使ってみたいです。

私は自炊専用機器を使わなかった

自炊専用機器はレンタルもあります。

それでも私は「ちょっと一冊、本気で自炊をやってみよう」という軽い感じで、カッターナイフと自宅のプリンターで済ませました。

プリンターのOCRでPDF化する

OCRとは、光学文字認識(Optical character recognition)といって、画像の​文字をデータで扱えるように変換するソフトウェアです。

最近は家庭用のプリンター、スキャナーにも付属されています。

この作業が地味に時間がかかります。

そうして全ページを取り込んでデータをまとめれば、はれて電子書籍化の完了です。

かなりの労力が必要とされることが伝わったでしょうか。

自炊専用機器を用いても、結局は全ページをパソコンでチェックしなければならないので、本を読み直しているに等しいでしょう。

本の自炊の代行業者もある

自炊は代行業者もあります。しかし、問題もあります。

著作権上、違法行為という声があるからです。

個々人での自炊は合法だと思いますが、作者方によってはそれすら拒んでいる方もいらっしゃいます。

もし、自炊をする場合は気を付けなければいけません。

私が自炊した本は……。

昔、昔に自分で製本した自分の本です。だから、裁断してもまたテープで製本し直しました。

ここでお見せするのも、内容を記すのも忍びありません。ご勘弁を。

文書データは壊れてしまっていたので、自炊ができてよかったです。

まとめると、自炊は色々な意味でとても大変なことです。

それでも本を整理して、いつでも読める状態にするというメリットは大きいです。

本格的に取り組む前に、一度、適当に数ぺージだけ、ご自身で試してみることをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上にスクロール