「バッサリショート小説」を楽しむ

このサイトアクセス状況を確認したところ、「バッサリ ショート 小説」をキーワードとして訪れる方が多くいらっしゃいました。

「一体なんだろう?」と思い、独自に調査しました。

「バッサリショート小説」とは

「バッサリ ショート 小説」のキーワード検索を調査しました。

「1000文字 小説」「ショート ヘアー 小説」「ショート 小説」「バッサリ 短い 小説」……

などなどの髪型と小説に関係するキーワードが複合されての検索結果でした。

つまり、この「☆スペースおばちゃんの宇宙旅行」とはまったく関係ありません。期待してこのサイトにアクセスした方々、申し訳ありません。

「バッサリショート小説」

しかし「バッサリショート小説」って、いい言葉ではありませんか?

せっかくなので造語として確立しましょう。

うっかり訪問してくださった方にも、このサイトにアクセスした方々の無駄足にならないように「バッサリショート小説」を知っていただければ幸いです。

「バッサリショート小説」です。

「バッサリショート小説」の定義

定義は「およそ1000文字あたりでバッサリ切った短編小説であり、髪型に関する内容が望ましい」とします。

「バッサリショート小説」というジャンルがどこまで広がるか楽しみです。

「髪を切られている間の脳内対話」

バッサリショート小説「髪を切られている間の脳内対話」(竹村広巴著)を電子書籍で発売しました。

選りすぐりの作品集です。ぜひ、ご一読をくださいませ。

 

【Aamazonで読めます】
(試し読み有り)
Kindle Unlimited 会員の方は無料

~あらすじ~

およそ1000文字あたりでバッサリ切ったバッサリショート小説集。
バッサリショート小説に相応しい髪型に関する表題作をはじめ、色取り取りな全4作品は面白くも切なくも心に残ることでしょう。
この本をきっかけに、あなたも執筆に挑戦することを強く推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上にスクロール