公開日

【哲学】デカルトの千角形、「省察」を要約・解説

魂と身体は別々であるのかどうかの議論はつきません。人間が息絶えて身体の重さが減ったという実証実験もあります。 実際はどうなのでしょうか。 哲学したのちに精神と物体は異なると主張したのは、デカルトです。 デカルトとは、誰なのでしょう続きを読む【哲学】デカルトの千角形、「省察」を要約・解説

公開日

【3分】デカルトの「方法序説」をわかりやすく要約・解説

哲学を始めよう 学生の頃にサルトルやカミュ、ドストエフスキー、トルストイといった文学を読んで感銘を受け、物語だけを捉え、本質を理解できていないことを理解しながらも名著を読んだと満足していました。脱線しますが、こうした考え方はソクラ続きを読む【3分】デカルトの「方法序説」をわかりやすく要約・解説

公開日

「銀河鉄道の夜」の夜の秘密、幻の四次稿とは?

真の「銀河鉄道の夜」 単なる物語としてではなく、宮沢賢治氏の意図することを意識して読むと震撼します。 「銀河鉄道の夜」は宮沢賢治氏の童話(大人を対象としない)の中でも、「宇宙」と「みんなのさいわい(幸せ)」について、早い時期から考続きを読む「銀河鉄道の夜」の夜の秘密、幻の四次稿とは?

公開日

【雑学】本来の意味が危うい「不易流行」、松尾芭蕉の「蕉風俳諧」

「不易流行」をわかりやすく説明 松尾芭蕉の蕉風俳諧の理念の一つ、よくビジネス界での経営理念や志、座右の銘、教育の場などで用いられています。 英語では表現できない日本の精神だと感じます。 しかしなぜか、心做しではありますが、最近はコ続きを読む【雑学】本来の意味が危うい「不易流行」、松尾芭蕉の「蕉風俳諧」

公開日

【名作漫画】「アンダーカレント」とビル・エヴァンス 、ビートルズ、村上春樹

どうしてか知られていない名作漫画です。 2021年現在、未だにアニメ化も映画化もされていません。もったいないです。 「アンダーカレント」(豊田徹也著)は一冊で「こんなにも!」と思うほどに、多くのことを詰め込んだ物語です。 あらすじ続きを読む【名作漫画】「アンダーカレント」とビル・エヴァンス 、ビートルズ、村上春樹

公開日

竹村広巴の著書を発売展開中です

暑いですね。うなだれてしまうような暑さで溶けそうです。 部屋の中で食べていたアイスキャンディーが溶けて手がベタベタになりました。 水分補給はしっかりと、帽子も必須です。それから本もです。 この夏、竹村広巴の電子書籍を発売展開中です続きを読む竹村広巴の著書を発売展開中です

公開日

【心淋し川】直木賞の名著、いつまでも読んでいたい

最近に購入した本で私にとっての名著は西條奈加さんの「心淋し川」(うらさびしがわ)です。 時代小説でもなく、いつの時代でも万人の胸を揺さぶる作品だと感じます。 直木賞受賞作「心寂し川」(西條奈加著) 2020年に刊行された第164回続きを読む【心淋し川】直木賞の名著、いつまでも読んでいたい

公開日

【賭博者】ドストエフスキーの賭博黙示録

賭け事は苦手で宝くじさえも買うことはありませんが、フョードル・ドストエフスキーの「賭博者」を数年振りに一気読みをしました。 ほぼ内容を忘れていたため、ドキドキワクワクしながら楽しめました。 *「カイジ」に似ているのではなく、当たり続きを読む【賭博者】ドストエフスキーの賭博黙示録

公開日

【プラネテス】漫画・アニメともに決して過去の作品ではない名作!最終回は異なる!

「プラネテス」(幸村誠著)が大好きです。絶対に若い時に知るべき作品です。 原作の漫画もアニメも素晴らしいです。両方とも何度も読み返し、観返しました。とても約20年前もの作品とは思えません。 「プラネテス」とは?その意味は? 宇宙の続きを読む【プラネテス】漫画・アニメともに決して過去の作品ではない名作!最終回は異なる!

公開日

「バッサリショート小説」を楽しむ

このサイトアクセス状況を確認したところ、「バッサリ ショート 小説」をキーワードとして訪れる方が多くいらっしゃいました。 「一体なんだろう?」と思い、独自に調査しました。 「バッサリショート小説」とは 「バッサリ ショート 小説」続きを読む「バッサリショート小説」を楽しむ

上にスクロール