アジサイ(紫陽花)が咲きました。「青い花」とは?

6月は雨が続き憂鬱ですが、楽しみもあります。

雨上がりにはアジサイ(紫陽花)が咲きます。

アジサイが咲きました!

育てているアジサイが咲きました。植物栽培はこうした喜びがあるから続けられます。

一時の安らぎを与えてくれます。今年も例年とおりの青色でした。

アジサイの名前の由来は和歌?

調べてみましたが諸説がありすぎて特定が難しいです。古い和歌においては「味狭藍」や「安治佐為」の表記があります。

藍色(あいいろ)の花が集まって咲くから「あづさい(集真藍)」で、アジサイになったというのが尤もらしいです。

花の名前の由来を限定するのは難しいですが、見た目を重視するのは往々としてありますので、アジサイはアジサイで永遠に語り継がれるでしょう。

アジサイの花言葉は?

アジサイの花言葉は、多くの花が集まって花が咲くので「団欒(だんらん)」は「和気藹々(わきあいあい)」です。

加えて、「変節」や「浮気」、「心変わり」などネガティブな花言葉もあります。理由は花の色が土壌や咲いている時期で変わったりするからです。

正直、人には贈るのは憚りがありますね……。

アジサイの色は土壌で決まる

アジサイの色は土壌のPH(酸性度)によって変化します。

酸性は青く、中性は青紫、アルカリ性だと赤くなります。

アジサイを見かけたら意識して鑑賞すると少し楽しいです。

意図的に花の色を変える!?

以前に記した自身のブログ記事を見直すと、「あれ!? 同じ土壌で育てているバラは赤、クレマチスは青系だった…..けどなんでだろう?」と疑問に感じました。

 

 

 

調べてみました。クレマチスやバラは品種が多彩であり、花の色は品種に依るところが大きいとのことです。また、光や温度、肥料などに依っても変わるらしいです。

ちなみにバラは青くは咲きません。青いバラの花は存在しないのです。

青いバラの花言葉は「不可能」や「存在しない」などです。しかし近年においては遺伝子の組み替えによって、青いバラは誕生しています。

「う~ん…..」と唸りたいところです。花は奥深いです。

アジサイを赤くするには?

肥料で土壌をアルカリ性にすればアジサイは赤色になります。こうした商品も販売されています。

アジサイは楽しく育てましょう!

アジサイは意外と強いです。すくすく育ち咲きます。

「咲いくれてありがとう!」と感謝したくもなります。

梅雨の時期が楽しい毎日にもなります。楽しく育てましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上にスクロール