【2021年】充電可能なマウスパッドは必要か?無線の未来

パソコンで用いるマウスは予備を持っておいたほうが無難です。最近、突然に壊れてしまい思い知りました。

そんなことから、ひとつ迷いました。マウスには多くの種類が販売されていて、どれを購入すればいいかということです。マウスパッドもです。

現在ではマウスパッドも進化しています。

マウスの選び方は悩む

現在のマウスは有線、無線式(ワイヤレス)が当たり前です。

それから一昔前までは底にボールが入っていました。現在ではマウスのボールと聞けばトラックボール(クリックボタンの横にあり、ボールを転がして操作)が主流です。

マウスは人によって使い勝手も自由なので、一番に自分に合ったのを選ぶのがよいでしょう。

私は有線で大きくて重いマウスが好みです。軽くて小さい無線のマウスはしっくりこないという個人的な好みが理由です。

マウスパッドの意味

本来、マウスパットとは、マウスの底にボールが入っているタイプの安定性や信頼性を保つために用いられていたと記憶しています。

様々なデザインのマウスパッドがあり、それを選ぶのも楽しみのひとつでした。

しかし現在では、「マウスパッドは必要か?」という疑問があります。

光学式、レーザー式、LED式などが当然で、底にボールは必要とせず、平面であれば問題ありません。

つまり、「マウスパッドは必要ない」と言えます。

【2021年】現在のマウスパッド

マウスパッドは必要ないにしろ、現在では様々な利便性を追求された商品が開発、販売されています。

無線式のマウスを充電するマウスパッドやスマートフォンを置いておくだけで充電できるマウスパッドなどです。

聞こえは便利で使ってみたいなと思いますが、なにか違和感を覚えます。

無線の未来

そんなマウスパッドを使用せずに、そろそろPCから無線で無線式のマウスやスマートフォンを充電できる仕組みがあってもおかしくありません。

キーボードやイヤホンも同様です。

いったいなぜ普及されないのでしょうか?

ちょっとした疑問です。

規格が統一されていない?

調べたところ、規格が統一されていないみたいです。

そのため無線式の充電の商品は、汎用性が低いのが現状です。

いくらマウスやスマートフォン、キーボード等の無線式の充電の仕組みがあっても、それに合わせた機器も必要になるという煩雑性が高いのです。

無線式は少し待とう

結論は無線式の充電の商品は、規格が統一するまで少し待ったほうがよいでしょう。先走って購入しまうと、使えなくなる可能性も大いにあります。

以上のことはメーカーに望むしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上にスクロール