短編小説「エレベーターのないマンションに住む女」(竹村広巴著)

短編小説「エレベーターのないマンションに住む女」(竹村広巴著)を電子書籍で発売しました。

さらっと読める文量です。

ざらっとする後味の悪さから様々に考察していただければ幸いです。

ぜひ、ご一読くださいませ。


~あらすじ~

狂った前住人には注意が必要だ。勘弁してもらいたいものだが、そういった前住人の狂言に付き合うのも人情とするのも世情なのか。願わくば嘘だと信じたいフィクションである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上にスクロール