公開日

【3分】デカルトの「方法序説」をわかりやすく要約・解説

哲学を始めよう 学生の頃にサルトルやカミュ、ドストエフスキー、トルストイといった文学を読んで感銘を受け、物語だけを捉え、本質を理解できていないことを理解しながらも名著を読んだと満足していました。脱線しますが、こうした考え方はソクラ続きを読む【3分】デカルトの「方法序説」をわかりやすく要約・解説

公開日

竹村広巴の著書を発売展開中です

暑いですね。うなだれてしまうような暑さで溶けそうです。 部屋の中で食べていたアイスキャンディーが溶けて手がベタベタになりました。 水分補給はしっかりと、帽子も必須です。それから本もです。 この夏、竹村広巴の電子書籍を発売展開中です続きを読む竹村広巴の著書を発売展開中です

公開日

【心淋し川】直木賞の名著、いつまでも読んでいたい

最近に購入した本で私にとっての名著は西條奈加さんの「心淋し川」(うらさびしがわ)です。 時代小説でもなく、いつの時代でも万人の胸を揺さぶる作品だと感じます。 直木賞受賞作「心寂し川」(西條奈加著) 2020年に刊行された第164回続きを読む【心淋し川】直木賞の名著、いつまでも読んでいたい

公開日

絵本・児童文学「猫を食べる鳥」(竹村広巴著)

「猫を食べる鳥」は、いるのでしょうか? 私にとって昔に大人から教えられた怖い話でもあります。 答えは、「います」。 「猫を食べる鳥」(竹村広巴著)を電子書籍で出版しました。 「猫を食べる鳥」は、猫の視点から描かれた物語です。絵本、続きを読む絵本・児童文学「猫を食べる鳥」(竹村広巴著)

公開日

「バッサリショート小説」を楽しむ

このサイトアクセス状況を確認したところ、「バッサリ ショート 小説」をキーワードとして訪れる方が多くいらっしゃいました。 「一体なんだろう?」と思い、独自に調査しました。 「バッサリショート小説」とは 「バッサリ ショート 小説」続きを読む「バッサリショート小説」を楽しむ

上にスクロール