【hoge】の由来や意味「ほげる」「ほげほげ」には意味はないです

【hoge】とは、便利な変数です。

プログラミングをしている際に、とりあえずの変数は適当に選びがちです。

「a」や「b」はご法度です。【hoge】は便利なマジックワードです。

【hoge】はプログラミング用語?

【hoge】の説明は省きます。意味ありませんから。

「ほげった!」

ひっさしぶりにプログラミングして、「ほげった!!」と、「とりま、【hoge】でいっか」と独り言をしました!

もう死語みたいですが、まだ使えますよね?

【hoge】とか「ほげほげ」とか誰かが言ったら……?

スルーしましょう。

くれぐれも「【hoge】ってなんですか?」と質問しないように。

愚問です。

【hoge】はタイピングしやすいし言いやすい

【hoge】は単にタイピングしやすいからです!

それがきっと由来です。私の持論です。

試しに【hoge】と打ってみてください。快感です。

それから「ほげ」って声に出してみてください。

言いやすいです。

【hoge】は適当なメタ的変数の通名

つまりは、使いやすい言葉なのです。

冒頭でも述べましたが変数で「a」とか「b」はダメです。

この話で登場した【hoge】はメタ的変数のひとつです。

プログラム構文でも【hoge】は意味ないというのが阿吽呼吸です。スルーしましょう。

実は「穴があく」という方言?

九州では【ほげる】が使われているようです。

以下の引用(「ほげる」で始まる方言 https://dictionary.goo.ne.jp/srch/dialect/ほげる/m0u/)。

ほげる (福岡の方言)……。

穴があく。

    • かべがほげとー
    • (壁に穴があいている)

ほげる (宮崎の方言)……。

穴があく。

    • 壁に穴がほげちょるが、どんげしたつか
    • (壁に穴があいてるけど、どうしたんだい)

ほげる ・ぼかす(長崎の方言)……。

穴があく〈自動詞〉。穴をあける〈他動詞〉。

    • 耳んすばほがしてよーっときーとかんね
    • (耳の穴を開けてよく聞いておきなさい)

大分にも方言で「ほげ」が「でたらめ」……。

でたらめ。
    • まーたそげなほげを、言うち
    • (またそんなでたらめを言って…)
    • ※ 「法外」の転。「ほげほっぽう」は強調形。

引用(ほげ (大分の方言) の意味 https://dictionary.goo.ne.jp/srch/dialect/ほげる/m0u/)。

謎の【hoge】

難しく考えることはやめましょう。再度、強調しますが意味はありません。

箱のような呪文です。

【ほげった】!
はいはい、わかりましたよ。

しかし【hoge】が被ったら地獄を見ます。

適当にオリジナル変数は自分や好きなキャラの名前とかでいいのです。

くれくれも注意しましょう。

プログラムを学ぼう!

プログラミングを学ぶなら以下の二冊です。

ご参照くださいませ。努力は報われます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上にスクロール