Wordの音声読み上げが止まる、遅くなる、できない、エラー原因

文章を書く上でWordの音声読み上げ機能を使って校正・校閲をされている方は多いと思います。Word、Outlook、PowerPoint、OneNoteで実装されている機能です。

止まったり、極度に遅くなったりしたことはありませんか? 以下のことをチェックしてみてください。

先ずはメモリの状況を確認

メモリは使います。メモリが不足する音声読み上げ機能も遅くなります。

Windowsならば、「Ctrl+Alt+Delete」で「タスクマネージャー」を開いて確認しましょう。

Wordの音声読み上げが認識できない原因

原因の一つは区切りが少ないからかもしれません。

音声み上げは、一文一文を認識して読み上げているように思っていましたが違いました。

認識の区切りは「改行」ではなく「改段落」だった

経験則と私見ですが、どうやら音声読み上げの認識は「改段落」で区切っているようでした。

従って「改行」を使うと音声認識は正常に機能しません。

      • 「改段落」・・・リターンキーのみ(ワイルドカード ^13)
      • 「改行」・・・Shiftキー+リターンキー(ワイルドカード ^11)

「改段落」を使う!

たったこれだけで、Wordの音声読み上げ機能が働かない問題は解決できる場合があります。

試してみてください。

電子書籍の場合は注意!

私はこの原因を判明させるまでに、かなりの時間を無駄にしてしました。

Wordの音声読み上げは校閲には欠かせないからです。

電子書籍では「改段落」ではなく「改行」を使わなければならないことがありますので……。

音声読み上げの認識は「。」で区切って欲しいものです。

誤字・脱字に注意!

電子書籍を出版は個人でも簡単にできます。

しかし、誤字・脱字には注意です。指摘を受けて直すことは可能ですが、せっかく世に出す本です。しっかりとチェックしましょう。

以下のコンテンツもご参照いただければ思います。

【無料】電子書籍を個人出版する方法のまとめ

個人出版の電子書籍に誤字・脱字は多い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


上にスクロール